企業情報 ヒストリー IBJグループは、インターネットの黎明期の1995年に創業しました。その歴史を振り返ります。

IBJの出来事

1995

5月 東京都新宿区にて、
「インターネット・ビジネス・ジャパン有限会社」創業

10月 日本初のWeb専門スクール
インターネット・アカデミー開校

img

1月 阪神淡路大震災

8月 Webブラウザ
「Internet Explorer」が登場

11月 マイクロソフト、Windows 95発表

12月 流行語大賞のトップテン入賞に「インターネット」が選出

1996

4月 ポータルサイト・イビジェカフェ開設

4月 検索サービス「Yahoo! JAPAN」開始

1997

5月 楽天市場が開始

9月 グーグル、検索エンジンサービス開始

12月 W3C、HTML4.0を勧告

1998

10月 日本初のWEB専門人材派遣会社
「東京ウェブデザイン株式会社」を設立

12月 卒業生ネットワーク「BOHR」誕生

img
1999

2月 増資(資本金1,000万円)
株式会社に改組

6月 e-ラーニングシステム導入

8月 労働派遣事業許認可(般13-080302)を取得

10月 東京都渋谷区道玄坂に
インターネット・アカデミー渋谷校を開設

2月 NTTドコモが「¡モード」のサービス開始

2000

3月 「インフォメーション・テクノロジー・リサーチ・
エージェンシー株式会社」を設立

6月 東京都渋谷区道玄坂に本社を移転

10月 W3C(World Wide Web consortium)に加盟
増資(資本金4,000万円)

12月 増資(資本金1億円)

1月 W3C、XHTML1.0を勧告

11月 高度情報通信ネットワーク社会形成基本法(IT基本法)制定

2001

2月 「東京ウェブデザイン株式会社」から
「ウェブスタッフ株式会社」に改称

7月 イビジェカフェに10ヶ国マルチリンガル機能搭載

11月 インターネット・アカデミー
卒業生が10,000人突破

2002

1月 中国上海に支社を開設

3月 有料職業紹介事業許認可(13-ユ-080422)を取得

10月 厚生労働大臣指定教育訓練講座開講

5月 プロバイダ責任制限法施行

2003

1月 「オンデマンドサービス」開始

4月 米アップル社、iTunes Store開始

2004

12月 世界初「PostgreSQL CE Silver資格対策講座」開講

4月 米フェイスブック社、
アメリカ合衆国内の学生向けにサービス開始

2005

2月 米Youtube設立

2006

1月 ウェブスタッフ
大阪支社を開設

7月 Twitter、サービス開始

2007

1月 米アップル社、iPhoneを発売

2009

11月 W3C「TPAC2009」に
スクール業界として日本初参加

2010

9月 中国大連市に支社を開設

10月 米マサチューセッツ州にボストンラボを開設

2011

2月 PHP技術者認定機構より教育業界における
第一号認定スクールとして承認

11月 インターネット・アカデミー執筆
「PHP公式資格教科書」が技術評論社より出版

3月 東日本大震災

2012

1月 ウェブスタッフ子会社の
ホームワーカーズコミュニティ株式会社 設立

10月 ウェブスタッフ
京都営業所を開設

11月 インターネット・アカデミー
インド・バンガロール校を開校

2月 エコーネットコンソーシアム、
「ECHONET Lite規格」を発表

2013

6月 ウェブスタッフ
福岡営業所を開設

7月 インターネット・アカデミー
卒業生25,000人を突破

10月 インターネット・アカデミー米国法人設立

11月 本社を東京都渋谷区桜丘町に移転

2014

4月 インターネット・アカデミー
インド・ビライ校を開校

7月 ウェブスタッフ
インドにてサービス開始

11月 ウェブスタッフ
札幌営業所を開設

10月 W3C、「HTML5」を勧告

1999年に勧告された「HTML4.01」からの大幅なバージョンアップとして「HTML5」が勧告されました。これまでのWebページの閲覧を主の役割としたWebから、アプリケーションのプラットフォームとしてのWebに活躍の場所を広げた瞬間でした。

11月 サイバーセキュリティ基本法制定

2015

1月 ウェブスタッフ、仙台営業所を開設
ブルーバンブー株式会社からITRA株式会社に改称

7月 総務省・厚生労働省・経済産業省・国土交通省発起の
テレワーク推進プロジェクトに参画

2016

3月 ウェブスタッフ、「PIITs」サービスを開始
インターネット・アカデミー、Google Japanと
「はじめてのWebマーケティング講座」を共同開発

6月 台湾で開催された「日台スマート産業サミット」に参加

7月 ウェブスタッフ、総務省の
「平成28年度予算ふるさとテレワーク推進事業」に採択

10月 インターネット・アカデミーインド校
世界初のUnity認定トレーニングセンターの1つに認定 W3C/ERCIMに講師が客員研究員として常駐勤務

2017

3月 総務省後援「たてよこWebアワード」 に
インターネット・アカデミー賞が決定

12月 日印両国による
『グローバルパートナーシップサミット』にて講演

2018

4月 ITRAインド支店
不動産向けVRサービス「vrterior」を公開

7月 ウェブスタッフ、神戸登録センターを開設

12月 ITRAインド支店
オンラインプログラミング学習サービス「CodePrompt」を公開

12月 世界のインターネット人口が、初めて過半数を超える

国連の専門機関である国際電気通信連合(ITU)は12月7日、世界のインターネット利用者数が年末までに約39億人、世界総人口の51.2%に達し、史上初めて半数を超えると発表しました。

2019

1月 ハワイ国際教育学会にてインストラクターが論文を発表

4月 ITRA、デジタル教科書開発サービス開始

2020

4月 インターネット・アカデミー、AI人材育成講座を開講

5月 ITRA、経済産業省「IT導入補助金2020」の
IT導入支援事業者として採択

6月 インストラクター2名が、
情報通信技術賞(総務大臣表彰)を受賞

9月 ITRA、オンライン研修管理システム
「manaable」サービス開始

10月 IBJ代表取締役社長 大西一磨が、
ECHONET Lite 技術セミナーワーキンググループ
アドバイザーに就任

インターネット業界の出来事

1995

1月 阪神淡路大震災

8月 Webブラウザ「Internet Explorer」が登場

11月 マイクロソフト、Windows 95発表

12月 流行語大賞のトップテン入賞に「インターネット」が選出

1996

4月 検索サービス「Yahoo! JAPAN」開始

1997

5月 楽天市場が開始

9月 グーグル、検索エンジンサービス開始

12月 W3C、HTML4.0を勧告

1999

2月 NTTドコモが「¡モード」のサービス開始

2000

1月 W3C、XHTML1.0を勧告

11月 高度情報通信ネットワーク社会形成基本法(IT基本法)制定

2002

5月 プロバイダ責任制限法施行

2003

4月 米アップル社、iTunes Store開始

2004

4月 米フェイスブック社、アメリカ合衆国内の学生向けにサービス開始

2005

2月 米Youtube設立

2006

7月 Twitter、サービス開始

2007

1月 米アップル社、iPhoneを発売

2012

2月 エコーネットコンソーシアム、「ECHONET Lite規格」を発表

2014

10月 W3C、「HTML5」を勧告

1999年に勧告された「HTML4.01」からの大幅なバージョンアップとして「HTML5」が勧告されました。これまでのWebページの閲覧を主の役割としたWebから、アプリケーションのプラットフォームとしてのWebに活躍の場所を広げた瞬間でした。

11月 サイバーセキュリティ基本法制定

2018

12月 世界のインターネット人口が、初めて過半数を超える

国連の専門機関である国際電気通信連合(ITU)は12月7日、世界のインターネット利用者数が年末までに約39億人、世界総人口の51.2%に達し、史上初めて半数を超えると発表しました。