サービス ITスクール事業

スクール事業 スクール事業

日本初のインターネット専門スクール

インターネット・アカデミーは、1995年にスタートした日本初のインターネット専門スクールです。現在は、東京の渋谷校、新宿校、そしてインドのバンガロール校でITスクール事業を展開しています。

母体制作会社の現場のノウハウ

インターネット・アカデミーの母体は「東京藝術大学」「気象庁」など日本有数の制作実績を持つIT開発会社です。1995年の設立当初から、その制作現場のスキルとノウハウを受講生の方々に還元し、3万人を超える卒業生を輩出しています。

ライブ授業 ライブ授業

オリジナルカリキュラム

インターネット・アカデミーの母体は日本有数のIT開発会社です。そのため、実際の制作現場でしか知りえないノウハウや企画の立て方など、実践的な内容を学ぶことができます。その現場のノウハウとW3Cの最新技術を融合したカリキュラムはすべてオリジナルです。

自慢のインストラクター陣

プロになるには、プロに学ぶのが一番の近道です。インターネット・アカデミーのインストラクターは全員が現場を熟知したプロフェッショナル。母体がWeb制作会社であり、グループ企業にもITサービス開発会社の「ITRA」を持つからこそ、十分な数のプロフェッショナルを確保できるのです。高いクオリティとフレキシブルな受講の両立を可能にする秘密です。

最新で正確なスキル

インターネット・アカデミーは、Web技術の国際標準化団体であるW3Cや、IoT技術の国際標準を進めるエコーネットコンソーシアムの会員企業として活動しています。それにより、どこよりも最新で、正確な技術情報を提供することができます。

W3C W3C

W3Cメンバー

Webの最新技術を開発し、その普及活動と仕様に関するルールを作成しているのがW3Cという組織です。Webの生みの親ティム・バーナーズ=リーが創設し、米国ボストンにあるマサチューセッツ工科大学(MIT)に本部があります。Webビジネスの現場では、W3Cが定めたルールに則ったWebサイト制作をすることが必須と言えます。
現在そのホスト機関に、インターネット・アカデミーの講師が客員研究員として常駐し、最新のWeb技術開発などの仕事に携わっています。現場では、インターネット・アカデミーのカリキュラム開発のノウハウを活かしたW3C公式の教材やリファレンスページを作成するなどして、Web技術の普及活動に貢献しています。

エコーネットコンソーシアム

エコーネットコンソーシアムは、IoT時代の家電・設備機器などを連携させるための国際的な通信規格「ECHONET Lite」を推進する団体で、スマートフォームやスマート家電の分野において重要な役割を担っています。インターネット・アカデミーはエコーネットコンソーシアムの会員としてIoTに関する講演や普及活動に取り組んでいます。

グローバルネットワーク

最先端の技術や人材が集うニューヨーク、ボストン、バンガロールに支店とラボ(=研究所)を設立し、グローバル企業が求めるWeb技術をカリキュラムに還元しています。そのため、インターネット・アカデミーの受講生はグローバルに活躍できるスキルが手に入るだけでなく、そのネットワークを活用して可能性を世界規模に拡げることができます。

バンガロール校 バンガロール校

バンガロール校

バンガロールは「インドのシリコンバレー」と呼ばれ、GoogleやAmazon、Intelをはじめ、ベンチャー企業から既に世界に名高いIT企業まで数多く集積しています。世界中からIT企業が集まるバンガロールでも、スクールとしての教育事業と開発業務を行っています。

ボストンラボ

W3C本部があるMITのすぐ近くに位置し、W3Cメンバーとしての活動拠点、およびカリキュラム開発の研究所として活動を行っています。

インターネット・アカデミー